今が旬! 栄養豊富なとうもろこしを使ったおいしいレシピ5選

公開日:2019/8/31

とうもろこしは主成分である炭水化物が疲労回復にもつながり、食物繊維、ビタミン、ミネラルなどを豊富に含む健康維持に役立つ食材です。特に旬(6月~9月)の季節は栄養価もアップしているので、積極的に活用しましょう! 今回は定番のごはんやスープの他に、デザートレシピもご紹介。

 

コーンドレッシング

作り方のポイント

フレッシュなとうもろこしを使った色鮮やかな手作りドレッシング。自然の甘さが野菜本来の美味しさを引き立ててくれます。

<材料> 分量:4人分~ 調理時間:10分
とうもろこし 1/2本
玉ねぎ 1/8個
にんにくすりおろし 少々
ぽん酢 大さじ1
オリーブオイル 大さじ1
昆布茶 少々
塩・こしょう 少々
グリーンリーフ 適量
ミニトマト 4個

⇒詳しい作り方はコチラ  料理教室ポータルサイト「クスパ」

おすすめの材料

まろやかな鰹だしとゆずの絶妙なバランスが幅広く使える!

 

夏のお楽しみ!バター醤油とうもろこしご飯

作り方のポイント

炊飯器でできるお手軽な炊き込みご飯です。とうもろこしの芯もだしとして一緒に炊き込むので、まるごとうま味を吸収。シャキシャキした食感とバターしょうゆの風味がやみつきになる美味しさです。

<材料> 分量:4人分 調理時間:1時間
米 2合
とうもろこし 2本
水(しょうゆと酒を計った後)2合の目盛りまでまで
しょうゆ 大さじ1.5
酒 大さじ1
塩 小さじ1/2
バター(炊き上がり混ぜ込み用)15g
バター(トッピング用)5g

⇒詳しい作り方はコチラ  料理教室ポータルサイト「クスパ」

おすすめの材料

産地にこだわり、香りが豊かでおいしいバター。

 

とうもろこしのプリン

作り方のポイント

お子さんのおやつに旬のとうもろこしを使ったデザートはいかがでしょうか? とうもろこしと牛乳、生クリームの自然な甘さが広がる優しい味のプリンです。

<材料> 分量:6人分 調理時間:30分
とうもろこし 1本
ゼラチン 6g
牛乳 250ml
生クリーム 100mll
グラニュー糖 40g
キャラメルクリーム 適量

⇒詳しい作り方はコチラ  料理教室ポータルサイト「クスパ」

おすすめの材料

プロも愛用している品質で、味がワンランクアップ!

 

とうもろこしの冷製ポタージュ

作り方のポイント

シンプルな材料で丁寧に作るスープはお店の味のよう。手間でもザルでこすと滑らかさが違います。しっかり冷やせば甘味が引き立ち、さらに美味さアップ!

<材料> 分量:4人分 調理時間:20分(冷やす時間含まず)
とうもろこし 2本
塩 ひとつまみ
牛乳 300cc~
岩塩 少々

⇒詳しい作り方はコチラ  料理教室ポータルサイト「クスパ」

おすすめの材料

ミネラルがたっぷり入って、まろやかな味が特徴。

 

とうもろこしの豆乳茶碗蒸し風

作り方のポイント

季節の野菜を彩りよく盛り付けたおしゃれな一品。ふんわりした茶わん蒸しとシャキシャキとうもろこしの食感が同時に楽しめます。

<材料> 分量:4人分 調理時間:1時間
コーン 大さじ4
成分無調整豆乳 220cc
麵つゆ(2~3倍濃縮) 大さじ1
森永ゼラチン 5g
水 大さじ3
プチトマト(半分に切る) 2個分
オクラ(茹でて輪切り) 1本分
コーン 大さじ1
麵つゆ(ストレート) 小さじ2

⇒詳しい作り方はコチラ  料理教室ポータルサイト「クスパ」

おすすめの材料

ふやかす手間なくすぐに溶けるから使いやすい!

 

関連記事

バーベキューで一目置かれるとっておきレシピをご紹介!

夏の疲れに効果的!むくみを取って免疫力アップのゴーヤレシピ

時間がなくても大丈夫!ボリューム満点のどんぶりごはん

特集ページ
ライター:もぐナビ編集部
記事へのクチコミをするには
会員登録

もぐナビの最新情報をSNSでチェックしよう!

特集

その他の注目ニュース

  • 関連記事
  • アクセス
    ランキング
  • 新着記事
もぐナビの記事や写真などの著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。
お問い合わせはこちらからお願いいたします。

ニュースをもっとチェック!