明治×亀田製菓の「ハッピーターンアイス」。夢のコラボレーションに至った理由(わけ)とは?

公開日:2014/10/3更新日:2016/6/20

 
9月初旬に衝撃のニュースが出ました。“ハッピーターンがアイスになった!

それから発売日までの約3週間、ネットを中心とした各メディアで大盛り上がり。
ブログやツイッターなどでも驚きのコメントが続々出る中、味については「おいしそう」という意見や「どんな味がするのか想像もつかない!」などが多数。全体的には歓迎ムードといった様子でした。

 

collect-repo_11868-1「ハッピーターン」の世界観をそのまま踏襲した楽しいパッケージ♪

 
個人的には“おいしいもの”と“おいしいもの”を組み合わせても確実に“おいしくなった”という実例があまり思い浮かばない…と、そんな中で、お菓子…しかも湿気が苦手な「おせんべい」と「アイス」という異色の組み合わせ。さらにその「おせんべい」は日本各地にハッピーな中毒患者を日々生み出しているあの「ハッピーターン」!

なんでそんなことになっちゃったのか?原因を探るべく発売元の株式会社明治へ直撃取材を敢行!

 

collect-repo_11868-2こちらが快くお話してくださったアイスクリーム営業本部の松田さん(写真左)と広報部の神谷さん(写真右)

 

“意外に反対が出なかったハッピーターン×アイス”

― 発売にあたり反響はいかがですか?

こんなに反響があるとは思ってもいなかったので、正直驚きました。知らない間にWEBやニュース、テレビなどでも取り上げていただき、おかげさまで多くの方に知っていただくことができました。

― いつ頃から「ハッピーターンアイス」を出そうと?

だいたい一年前くらいです。

― 今回の亀田製菓と明治のコラボレーション企画は、いったい誰が「やろう!」と?

誰というわけではないですが、亀田製菓さんの方から「ハッピーターン」で何か一緒にやりませんか?というお話をいただいた時に、偶然弊社でもアイスクリームを使って何かしてみたいという思いがあったんです。それがうまい具合に重なったという感じです。

― 「ハッピーターンをアイスにしよう!」となった時に待ったがかかったりしなかったんですか?

それが意外に反対意見が出なかったんです。本当に商品として成立するのかなど心配な点はいくつかありましたが、社内で試作品を作ってみてからは後押しする声が多かったですね。

― では順風満帆で商品化へ?

ただ、単にハッピーターンをアイスに入れたというだけのお祭り的なものではなく、「おいしい」と言って食べてもらえるものでないといけない。そのためにはハッピーターンを粉末状にしていれるのか?それとも砕いてトッピングするのか?そのようなところからスタートしなければなりませんでした。

 

“いちばん難しかったのは「割合」”

― 実際アイスを見て驚きました。苦労した点などありますか?

ハッピーターンの良さとアイスの良さを両立させるために、どれくらいの割合でハッピーパウダーを混ぜるのかというところが一番難しかったです。開発のほとんどの時間をそこにかけたといってもいいくらいです。
いろいろ試行錯誤してたどり着いたのはハッピーターンの良さと弊社のアイスの良さを引き出すために“シンプル”にすることでした。

― 無駄なものをそぎ落とした?

弊社の持ち味は素材の持っている良さを最大限に引き出し、品質を追求すること。その技術が今回のハッピーターンとアイスのおいしさを両立させるのに役立ったのだと思います。

 

“初めて「うま味」の入ったアイス”

― 食べてみて、思った以上に「ハッピーターン」だったので2度ビックリでした。

割りと濃いめな味付けになっているので、多くの方に「ハッピーターン」を感じていただけると思います。

― どうやったらあんなに「まるで煎餅を食べたかのような」不思議な味が?

今までは、甘味はもちろん、塩味も入っているアイスもあったのですが、実は「うま味」が入っているんです。
このアイスが初めてです。

― 今後、続編はあるんですか?

残念ながらいまのところは考えていません。従来のカテゴリーのどこにも属さない独自のアイスですので。ちなみに年内いっぱいで販売終了する予定です。

えーっ?期間限定だったんですね!
ハッピーターンと同じく長く続くのかと思ってました…。少し残念。

 

collect-repo_11868-3「おすすめの食べ方はありますか?」と半ば無理やり聞き出すと「ハッピーターンに乗せて食べるとハッピー2倍に!」と答えてくださいました。無理強いしてスミマセン!

 
秋口にちょっとビックリ、そしてほんのりハッピーな風を各地に巻き起こしたハッピーターンアイス発売のニュース。
明治、それから亀田製菓の皆さんの大人の遊び心から生まれたものだったんですね!

みなさんはもう食べましたか?
ハッピーターンをアイスにしたものだ思っていたのですが、実は「ハッピーターンアイス」という新ジャンルのアイスとして味わってみた方が良さそうですね。
未体験の方は売り切れる前にお急ぎくださーい!

 

collect-repo_11868-4

 
素材の良さを活かし、常に安全・安心でおいしいものを作り続けることをモットーにしているという株式会社明治に、今後も“もぐナビ”は注目していきます♪

 

♪♪今回ご紹介した「ハッピーターンアイス」の実食レポートはこちら♪♪
あのハッピーターンがアイスになった!亀田製菓と明治の共同開発「ハッピーターンアイス」を食べてみました!

 

ライター:ぐるんぱ

“新発売“のPOPに弱い。 お菓子では抹茶が入っているもの全般、アイスはさっぱり系が好み。 ランチではパスタ、カレー、パンときどき麺類をきままに食べ歩いています。

記事へのクチコミをするには
会員登録

もぐナビの最新情報をSNSでチェックしよう!

特集

おすすめ情報
【PR】

その他の注目ニュース

  • 関連記事
  • アクセス
    ランキング
  • 新着記事
もぐナビの記事や写真などの著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。
お問い合わせはこちらからお願いいたします。

ニュースをもっとチェック!