甘酒おすすめランキング!人気の美味しい種類はコレ!

公開日:2018/2/22

甘酒おすすめランキング!人気の美味しい種類はコレ!

最終更新日:2018年2月22日

こんにちは、もぐナビ編集部です!

今回は甘酒のおすすめランキングをご紹介します。

身体によいといわれる甘酒ですが、原料やブレンドによって味わいはさまざま。

栄養価と合わせてチェックしてみてくださいね。

第10位:マルコメ『プラス糀 糀甘酒 豆乳ブレンド』

マルコメ『プラス糀 糀甘酒 豆乳ブレンド』

カロリー・栄養成分表示(1本125mlあたり )
エネルギー 83kcal
たんぱく質 4.4g
脂質 2.5g
炭水化物 10.8g
ナトリウム 66mg
食塩相当量 0.2g

第10位にランクインしたのは、マルコメ『プラス糀 糀甘酒 豆乳ブレンド』です。

米と米麹を使い、うまみのある豆乳とブレンド。

砂糖不使用で、やさしい甘さの甘酒に仕上がっています。

出典:SweetSilさん

米麹よりも豆乳多めなので味も豆乳の味です。

甘酒の本来の味はわかりませんが、ほんのり甘さがありました。

原材料名に糖類が無いので、多分お米の甘さだと思います。自然の甘さという感じで甘ったるくはないので、初めてでも豆乳が好きな人であれば飲みやすいと思います。

詳細&投稿写真&クチコミページはこちら
マルコメ『プラス糀 糀甘酒 豆乳ブレンド』

第9位:マルコメ『プラス糀 糀甘酒』

マルコメ プラス糀 糀甘酒

カロリー・栄養成分表示(1本125mlあたり )
エネルギー 91kcal
たんぱく質 1.6g
脂質 0.3g
炭水化物
(糖質+食物繊維)
21.1g
ナトリウム 9mg

第9位には、マルコメ『プラス糀 糀甘酒』がランクインしました。

こちらは米と米麹、塩のみのストレートタイプの甘酒。

より甘酒らしい風味を味わいたいという人におすすめです。

ほんわりじんわり甘くて、身体に染み入ります。

「飲む点滴」ってこんな感じか…と飲みながら納得できるやさしいおいしさです。

詳細&投稿写真&クチコミページはこちら
マルコメ『プラス糀 糀甘酒』

第8位:大関『灘の甘酒』

大関 灘の甘酒

カロリー・栄養成分表示(100gあたり)
エネルギー 130kcal
たんぱく質 2.5g
脂質 0.4g
炭水化物 29.5g
糖質 28.9g
食物繊維 0.6g
ナトリウム 49mg

第8位は、大関『灘の甘酒』でした!

こちらは、しぼりたての酒粕に、生姜とはちみつを加えた甘酒。

酒粕の甘酒ならではの、よい香りが楽しめます。

温めると日本酒の匂いぷんぷん。そりゃ当たり前。

結構甘め。酒粕から作って加糖してあるタイプ。

飲んだ後は人と話せないなぁ。

詳細&投稿写真&クチコミページはこちら
大関『灘の甘酒』

第7位:HARUNA『フルーツあま酒 柚子』

HARUNA フルーツあま酒 柚子

カロリー・栄養成分表示(1本195gあたり)
エネルギー 66kcal
たんぱく質 1.8g
脂質 1.4g
炭水化物
(糖質+食物繊維)
11.9g
ナトリウム 177mg
食塩相当量 0.4g

第7位には、HARUNAの『フルーツあま酒 柚子』がランクイン!

米麹の甘酒に、豆乳と柚子、りんごの果汁を加えていて、甘酒特有のクセがないお味に仕上がっています。

ファミリーマート限定商品です!

ひと口目はなんだか甘酒の味がぶあ~っときて、柚子の爽やかな風味がきたのでうわぁ~!😵っと思ったのですが何故か二口目からは豆乳のまろやかさを感じて不思議と飲みやすく感じました😅

詳細&投稿写真&クチコミページはこちら
HARUNA『フルーツあま酒 柚子』

第6位:篠崎『国菊 あまざけ 米麹と米でつくった本格甘酒』

篠崎 国菊 あまざけ 米麹と米でつくった本格甘酒 瓶900ml

カロリー・栄養成分表示(栄養成分100gあたり)
エネルギー 112kcal
たんぱく質 1.7g
脂質 0.5g
炭水化物 25.2g
食物繊維(総量) 0.2g
ナトリウム 2mg
ビタミンB2 0.03mg
イソロイシン 63mg
ロイシン 123mg
トリプトファン 21mg
バリン 88mg

第6位にランクインしたのは、篠崎『国菊 あまざけ 米麹と米でつくった本格甘酒』です。

甘酒専用の製造施設で、米と米麹のみで作られているこだわりの甘酒。

糖類や防腐剤は一切使われていません。

出典:Fgcoさん

つぶ感、とろみはあまりありません。

お味はクセがなく、まさしく甘酒の王道!

ビンの甘酒の中で、これが一番飲みやすくて美味しいです。

詳細&投稿写真&クチコミページはこちら
篠崎『国菊 あまざけ 米麹と米でつくった本格甘酒』

第5位:月桂冠『甘酒』

月桂冠 甘酒

カロリー・栄養成分表示(栄養成分100mlあたり)
エネルギー 65kcal
たんぱく質 1.0g
脂質 0.2g
炭水化物
(糖質+食物繊維)
15.5g
ナトリウム 55mg

第5位には、月桂冠の『甘酒』がランクインしました!

こちらは、米麹と酒粕の両方を仕様。

食物繊維がプラスされています。

出典:SweetSilさん

さらさらしすぎず、どろどろしすぎず、ほんの少しのつぶつぶ感。

甘みもちょうどよく、飲み口、飲んだ後もスッキリしています。

詳細&投稿写真&クチコミページはこちら
月桂冠『甘酒』

第4位:備前味噌『あま酒』

備前味噌 あま酒

カロリー・栄養成分表示(100gあたり)
エネルギー 232kcal
たんぱく質 3.1g
脂質 0.4g
炭水化物
(糖質+食物繊維)
54.0g
食塩相当量 0.0g
ショ糖 0.0g

第4位には、岡山県の老舗味噌醤油メーカー、備前味噌の『あま酒』がランクインしました。

米と米麹のみでつくられた、お湯などで割って飲むタイプの甘酒です。

自分好みの甘酒ドリンク作りのほか、料理にも活用できますよ!

この甘酒の特徴は砂糖、甘味料、保存料は一切使われていない、国産米100%の純自然食品です。

これに擦った生姜を加えて火にかけグリグル混ぜながら美味しい甘酒を造ってます!

詳細&投稿写真&クチコミページはこちら
備前味噌『あま酒』

第3位:ヤマタカ『砂糖無添加 あま酒』

ヤマタカ『砂糖無添加 あま酒』

カロリー・栄養成分表示(100gあたり)
エネルギー 162kcal
たんぱく質 3.0g
脂質 0.3g
炭水化物
(糖質+食物繊維)
36.8g
食塩相当量 0.5g

第3位にランクインしたのは、ヤマタカの『砂糖無添加 あま酒』です。

お好みで割って飲むタイプの商品で、原材料は米と米麹と食塩のみ。砂糖は加えられていません。

麹たっぷりのまろやかな甘酒ですよ!

米麹と米と食塩のみの甘酒。

他社の甘酒に比べて米や糀の角が全く目立たずとても丸みのあるまろやかな味わいです。

ミルキーとさえ言えるようなまろやかさは特筆すべき特徴のように思います。

詳細&投稿写真&クチコミページはこちら
ヤマタカ『砂糖無添加 あま酒』

第2位:イチビキ『あま酒 無添加 自然の甘さ』

イチビキ あま酒 無添加 自然の甘さ

カロリー・栄養成分表示(100gあたり)
エネルギー 203kcal
たんぱく質 3.4g
脂質 0.5g
炭水化物
(糖質+食物繊維)
46.1g
ナトリウム 118mg
食塩相当量 0.3g

第2位には、イチビキの『あま酒 無添加 自然の甘さ』がランクイン。

こちらも米、米麹、食塩のみで作られています。

砂糖や保存料などの添加物のない、自然な味わいです。

出典:Bagelsさん

沈殿する麹が美味しくて美味しくてスプーンで掬って食べてる時が至福のひととき…☺️

このつぶつぶがない甘酒は論外!

アルコール分はないのにアル中みたいにもっと飲みたくなる不思議(笑)

詳細&投稿写真&クチコミページはこちら
イチビキ『あま酒 無添加 自然の甘さ』

第1位:かねこみそ『あま酒 無添加・無加糖』

かねこみそ あま酒 無添加・無加糖l

カロリー・栄養成分表示(100mlあたり)
エネルギー 117kcal
たんぱく質 1.5g
脂質 0.3g
炭水化物
(糖質+食物繊維)
27.1g
ナトリウム 17mg
食塩相当量 0.2g
糖質 26.3g
ショ糖 0.0g

甘酒ランキングの第1位となったのは、かねこみその『あま酒 無添加・無加糖』でした!

米と米麹を使用した無添加無加糖タイプ。ストレートで飲むことができます。

売り上げた伸びている商品をフォーカスする、「日経POSセレクション2017」に選ばれたことからも人気の高さがうかがえます!

夏バテ対策としてもいい!味もいい!濃さというか、とろみが何とも言えず、いいです。このボリュームで安いと思います!

詳細&投稿写真&クチコミページはこちら
かねこみそ『あま酒 無添加・無加糖』

米麹の甘酒が人気!

甘酒には酒粕を使用したものと米麹を使用したものがありますが、ランキング中8商品が、米麹を使った甘酒となりました。

また上位はブレンドされていないものが占めましたが、そのまま飲むのはもちろん、アレンジして楽しんでいる人が多かったです。

それぞれの商品でお味や粒感など差がありますので、ぜひ飲み比べてみてくだいね。

ライター:もぐナビ編集部
記事へのクチコミをするには
会員登録

もぐナビの最新情報をSNSでチェックしよう!

特集

おすすめ情報
【PR】

その他の注目ニュース

  • 関連記事
  • アクセス
    ランキング
  • 新着記事
もぐナビの記事や写真などの著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。
お問い合わせはこちらからお願いいたします。

ニュースをもっとチェック!