【食レポ】老舗監修の宇治抹茶ケーキの満たされスイーツを実食!

公開日:2021/4/13

ミルク感ある生地と濃厚な生地を重ねた、2層仕立ての抹茶ケーキ。
Pasco「辻利兵衛本店監修宇治抹茶ケーキ」

春のこの時期は何はともあれ抹茶のシーズン。

数ある抹茶スイーツの中から、その風味の奥深さが際立つ逸品を見つけました。

Pasco「辻利兵衛本店監修宇治抹茶ケーキ」

今回ご紹介するのはPascoから発売された、抹茶風味のケーキ。

ミルク感のある抹茶生地と濃厚な抹茶生地を重ねた2層仕立ての「辻利兵衛本店監修宇治抹茶ケーキ」です。

抹茶が醸し出す5つの風味、甘み、苦み、渋み、旨み、そして豊かな薫りが楽しめます。

まずは原材料を見ていきましょう。

原材料欄。
カロリー388kcal。

ケーキですので筆頭はやはり小麦粉、国内製造です。

マーガリン、卵、砂糖と続いて少し後に抹茶もしっかりと記載されています。

緑がかった分厚い円盤形。
表面は粉雪が積もったような風情

分厚い円盤型のケーキは、砂糖の粉雪が積もったかのような景色を見せています。

薄く焼き目がついた生地は抹茶の緑色。

パウンドケーキの豊潤さの中、すがすがしさが漂います。

明るい緑と濃い緑、二層の抹茶生地が重なっています。
5つの抹茶の味わいが織りなす幽玄さ

口に運べばしっとりホロホロ、きめの細かい口当たり。

抹茶の渋み、ほろ苦さが、深く舌に響きます。

後から沸き出るのは甘みと旨み、油脂と卵のコクと滋味。

抹茶の五味がみごとに詰まった、わびさび感のあるケーキでした。

幽玄にして奥深い抹茶風味

うたい文句どおり、抹茶の香り、ほろ苦さ。

それに加えて渋みや甘み、旨みに至るまでを表現した抹茶味はなかなかありません。

ケーキ自体のコクもまた、それに負けない豊かな味わい。

なんとも幽玄なこの風味、手軽においしく食べられるのは幸甚と言えるでしょう。

気になったらぜひ、体験してみてくださいね!

ライター:菅目直衣

四国在住の男。菅目 直衣(すがめ なおい)と申します。 変わったもの、珍しいもの、未知の食文化に興味あり。 そして何より旨い物が好き。 東を向いては珍味をつまみ、西を向いてはシリアル喰らう。 今日も今日とて味覚を求め、自転車漕いで北・南。新製品もなつかしの味も、みんなまとめて持って来い!

記事へのクチコミをするには
会員登録

もぐナビの最新情報をSNSでチェックしよう!

特集

おすすめ情報
【PR】

その他の注目ニュース

  • 関連記事
  • アクセス
    ランキング
  • 新着記事
もぐナビの記事や写真などの著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。
お問い合わせはこちらからお願いいたします。

ニュースをもっとチェック!