【食レポ】しっとりふんわりコリコリと、すっきり抹茶クレープの登場!

公開日:2021/4/14

なめらか生チョコとなめらか抹茶クリームを、しっとり生地で包んだクレープ。
モンテール「生チョコクレープ・抹茶ショコラ」

今やすっかり洋菓子界にも定着した抹茶フレーバー。

様々な食材・お菓子に組み込まれ、その独特な風味で美味の世界を彩っています。

モンテール「生チョコクレープ・抹茶ショコラ」

今回ご紹介するのはモンテールから発売された、「生チョコクレープ」の新作。

抹茶フレーバーの「生チョコクレープ・抹茶ショコラ」です。

チョコチップ入りの生チョコはおなじみの、くちどけなめらかなこだわりの品。

そこになめらかな抹茶クリームを合わせ、しっとりクレープ生地で包んであります。

まずは原材料を見ていきましょう。

原材料欄。
カロリー203kcal。

筆頭は乳などを主要原料とする食品、やはりクリームがメインの構成となるようです。

牛乳、卵、小麦粉はクレープ生地のもの。

もちろんチョコに抹茶も忘れてはいけません。

クレープ生地でフィリングを四角く包んであります。
さざ波模様の焼き目はクレープならではのもの

きめの細かい生地にはさざ波模様の焼き目要り、これはクレープならではですね。

そしてその薄皮で、フィリングを四角く包んであります。

うっすら透けて見えるのは抹茶の緑色。

薄緑のエアリーな抹茶ホイップの中に、ねっとりなめらかな生チョコ。
軽さの中に小気味よいビートを仕込んであります

しっとりクレープ、ふんわりホイップ、その軽い口当たり。

そして一転ねっとりコリコリ、しっかりした歯触りがコントラストをきかせています。

味わいのほうはあくまで軽く、甘くほろ苦さをベースにしたもの。

後味もまたすっきりと、軽妙に仕上がったクレープでした。

すっきり軽妙

ふんわり軽い口当たりにふさわしく、味わいもすっきり軽妙に仕上がっていました。

もちろんただ軽いだけでなく、生チョコのねっとりした口当たり、チョコチップの歯ざわり。

甘くほろ苦い味わいは、美味しさに一定の深みを備えさせています。

軽くしかし物足りなさは感じさせない、絶妙な仕上がりでした。

気になったらぜひ、体験してみてくださいね!

ライター:菅目直衣

四国在住の男。菅目 直衣(すがめ なおい)と申します。 変わったもの、珍しいもの、未知の食文化に興味あり。 そして何より旨い物が好き。 東を向いては珍味をつまみ、西を向いてはシリアル喰らう。 今日も今日とて味覚を求め、自転車漕いで北・南。新製品もなつかしの味も、みんなまとめて持って来い!

記事へのクチコミをするには
会員登録

もぐナビの最新情報をSNSでチェックしよう!

特集

おすすめ情報
【PR】

その他の注目ニュース

  • 関連記事
  • アクセス
    ランキング
  • 新着記事
もぐナビの記事や写真などの著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。
お問い合わせはこちらからお願いいたします。

ニュースをもっとチェック!