\ローソンスイーツを食レポ♪/ナッツのビートの激しさを、優しく包んだシュークリームのハーモニー!

公開日:2021/11/6

ローソン「Uchi Café Spécialité 実のりシュークリーム」

朝晩はすっかり冷え込むようになりましたが、日中はまだ暖かい日も多いこの頃。

抜けるような空はまさに秋晴れ、秋の名残を感じさせます。

ローソン「Uchi Café Spécialité 実のりシュークリーム」

今回ご紹介するのはローソンから発売された、秋の実りならぬ実のりスイーツ。

芳醇なヘーゼルナッツのプラリネと、バニラ風味豊かなカスタードが詰まった「Uchi Café Spécialité 実のりシュークリーム」です。

プラリネクリームの上にもヘーゼルナッツ、さらにアーモンド・ピスタチオをトッピング。

まずは原材料を見ていきましょう。

原材料欄。
カロリー230kcal。

先頭集団はおなじみ乳等を主要原料とする食品、カスタード、クリームなどなど。

シュークリームらしく、クリーム系の原料がずらりと顔をそろえています。

そして小麦粉よりも前に来ているヘーゼルナッツ加工品。

プラリネクリームの、風味の豊かさがうかがえます。

シュークリームの上に渦巻くようにうずたかく絞られたプラリネクリーム。
クリームの上にはさらに各種ナッツがちりばめられています

シュークリームの上に、さらにプラリネクリームをうずたかく絞ってあります。

盛られたプラリネの周りにはさらにナッツがちりばめられて、これはなかなか豪快。

なるほどこれが、“実乗り”というわけですね。

皮を貫通して中までたっぷり詰まっているプラリネ、その下には黄色がかったカスタード。
シュークリームの軽さが、ナッツのおいしさを際立たせます

食べる前から鼻をくすぐるナッツ類の香ばしさ。

しゅわりと皮を噛み破れば、まろやかなカスタードがあふれます。

プラリネともどもあくまで軽くはかない口当たり、優しい味。

ちりばめられたナッツの風味、歯ごたえが、なんとも力強い一品でした。

ナッツをやさしく包み込む

ナッツとシューとのコントラストが、くっきりと印象に残ります。

粒のままのナッツを、カリッと噛み割ればスタッカート。

力強い風味が、口から鼻へと抜けていきます。

受け止めるのはカスタードのまろやかさ、プラリネの香ばしさ。

軽くやさしいその味わいが、より一層ナッツの力強さを際立たせるようでした。

気になったらぜひ、体験してみてくださいね!

ライター:菅目直衣

四国在住の男。菅目 直衣(すがめ なおい)と申します。 変わったもの、珍しいもの、未知の食文化に興味あり。 そして何より旨い物が好き。 東を向いては珍味をつまみ、西を向いてはシリアル喰らう。 今日も今日とて味覚を求め、自転車漕いで北・南。新製品もなつかしの味も、みんなまとめて持って来い!

記事へのクチコミをするには
会員登録

もぐナビの最新情報をSNSでチェックしよう!

特集

おすすめ情報
【PR】

その他の注目ニュース

  • 関連記事
  • アクセス
    ランキング
  • 新着記事
もぐナビの記事や写真などの著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。
お問い合わせはこちらからお願いいたします。

ニュースをもっとチェック!